審査の厳しさは違う

融資を受ける際の絶対条件となるのが、金融機関による審査です。そして審査される内容については金融機関によって異なるということは知っておくべきでしょう。傾向としては銀行系キャッシングやカードローンは審査が比較的通りにくくなっており、消費者金融系は通りやすくなっているという特徴があります。審査の通りやすさのみを重視するのであれば、消費者金融のキャッシングやカードローンを利用した方が良いというわけです。

しかしながら、消費者金融系キャッシングは審査の通りやすさの一方で、銀行系の同サービスよりも金利が高くなっているケースがほとんどです。利率をそれぞれ見てみると、銀行系が15%以下となっており、消費者金融系は18%程度となっています。たった3%の違いしかありませんが、融資の金額によってはこの差はかなり大きな溝となりますので考慮する必要があります。

小額のみの融資にとどめる予定ならば金利が高くても消費者金融系を、多額の融資を要する場合には銀行系を利用するといったように、融資希望金額によって使い分けるという方法も賢い選択です。審査の厳しさと金利は、利用するキャッシングやカードローンサービスを選ぶ上で最も注目すべき点ですので、これらのバランスを考えた上で選ぶようにしましょう。